土地の売却のコツ

土地の今の状態も価格を出す上で影響を受ける場合がもあります。今後にそのまま使用ができない建物が建っていたりすると購入者は取り壊しを行う余分な費用が掛かります。
なので土地だけの物件と比較されると厳密にいえば取り壊し費用分を値下げしないと同じ評価はできないという事です。
さらに建物が建っている場合の取り壊しの費用よりは重要視されることはありませんが、現状が駐車場だった場合は購入者はアスファルトを撤去する費用等が必要になるのです。
可能な限り更地が良いですが、更地の場合でも長期間更地で定期的に草刈をしていた時など刈った草などを撤去せずに放置していることがあります。そうしますと何年草の層ができてしまい建物を建築する際草の層を除去しないといけない場合があります。購入者はそういった事を検討し金額に影響を受ける時もありますので注意してください。

住宅用地の場合必ず南向きが一番評価が高くなります。ですが店舗用地に関しては確実に南向きや東南角地が好まれるとは限らないのです。100坪程度の店舗用地で食料品を扱う場合なら日当たりが良い場所だと店内の温度が上がってしまい空調などにコストがさらにかかります。可能な限り日当たりが良くない土地を好む場合もあります。
また道路の形態も大事です。現状でちゃんとアスファルト舗装されていて自動車も交通する道路であっても建築基準法においては道路ではないとしている道もあります。その道路に面している場合は高い確率で建物が建築できません。そうしますと土地の用途が非常に制限されますので評価は大きく下がることがあります。
そして土地に接している道が県の
所有物でなく個人の所有の場合があります。

おすすめサイトはこちら

土地の売却・査定・活用等のコツ 土地・不動産・売却・戸建・マンションについて

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ